あきらめない!おデブの腰痛対策では腰痛をメインに健康に役立つ情報等をご紹介いたします。

肥満は、お腹を突き出して後ろに反り返る姿勢になりがちで、そのため腰椎のカーブが強くなり椎間板などに大きな負担がかかりがちです。
肥満でもそれを支えることが出来る筋肉があればいいのですが、肥満の多くが運動不足による肥満で、筋肉も弱くなっている場合がほとんどです。
日常生活の中で食事に注意し適度な運動で減量することが大切であり、その対策になります。

腰椎サポートベルトで腰痛対策
日常生活の中では、どうしても無理をしなければいけない状況が多くあります。そんなときサポートとして腰痛ベルトが役に立ちます。また寒い季節などにも保温ベルトを使用すれば血行をよくして軽減にも役立ちます。

コルセットで腰痛対策
安静にしていないといけないが、どうしても動かなければいけない!そんなときコルセットが腰全体をしっかりサポートして軽減してくれます。骨盤のゆがみからきているようつうには骨盤ベルトで補正すると腰痛軽減にも役立ちます。

マットレスで対策
寝具選びはとても重要です。1日の疲れをとり改善するには睡眠がとても重要です。やわらかすぎず固すぎず、自分に一番合い、楽に睡眠を取れる物を選びましょう。寝具を変えるだけでも腰痛改善に役立ちます。

クッションで対策
1日を座り仕事などで過ごす人にとっては腰痛がひどくなりやすいですが自由に休憩をとることも難しいですよね。自分に合ったクッションを使用することで腰痛軽減に役立ちます。でも適度な休憩はなるべく取るようにしましょう。

入浴リラックスで対策
日常の様々な生活の中で血行が悪くなり筋肉がコリだすと無理な負担が腰にかかりようつうを引き起こしやすくなります。そんな時は入浴などで血行を良くし筋肉のコリをほぐすと楽になります。ご自宅でリラックスタイムを楽しみましょう。

ストレッチ けん引で対策
時々背筋をおもいっきりのばしたい時ってありますよね。そんな時伸びをすると滞りがちな全身の血行が促されて身体が楽になります。ポイントは無理をせず気持ち良い状態ぐらいで行うと良いようです。

腰部等を鍛えて対策
腰痛対策には普段から適度な運動を行う事が大切です。自分の身体に必要な筋肉等を付け正しい姿勢を維持し、運動により新陳代謝を促し、また血行を良くして腰痛対策をしましょう。適度な運動は骨を作ることにも大切です。

サプリメントで対策
加齢による体内物質の減少等や日常生活でのかたよった食生活がようつう原因となっていることがあります。バランスのとれた食事が大事ですが、自分に合った必要なサプリメントなどで補うこともようつう役立ちます。

●ようつうを知ろう-腰痛対策
腰痛の原因は、生活習慣や生別、年齢、職業などが複雑に関係していますが、多くの場合、腰を支える骨筋肉の故障が原因となっているそうです。
若い世代は過激なスポーツによって引き起こすケースが多く、中高年以上では運動不足、肥満、過労、ストレスなどが引き金となって起こりやすくなっています。腰椎や椎間板は老化によって変性することが多く、高齢者の場合は骨粗鬆症のような病気で骨がもろくなって引き起こす場合もあります。
背骨について 筋肉について 内臓の病気が原因について 椎間関節性ようつうしょうについて ぎっくりごしについて
慢性ようつうについて 腰椎椎間板ヘルニアについて 変形性脊椎症について 脊椎分離症について
脊柱管狭窄症について 骨粗鬆症について 座骨神経痛について ようつうしょうについて 脊椎カリエスについて
脊椎腫瘍について  腰椎変性すべり症について 脊椎炎(化膿性脊椎炎)について

●ようつうの主な治療方-腰痛対策
ここでは家庭などでできる対処療法を紹介いたします。
基本はやはり専門の整形外科医で診察治療を受けることが一番だと思います。
治療の基本は“安静にすること”が大切ですが、急性期と回復期で異なっています。
急性期とは激しい痛みが続いている時のことですが、その間は安静にして腰に負担がかからないように横になります。
冷湿布などで患部を冷やすことも効果的です。
回復期には腰を温め、腰に負担がかからないように気を配って、少しずつ身体を動かします。急性期に行った冷湿布はいつまでも続けていると、筋肉が硬くなって回復が遅れます。いたみが和らいだら、こしを暖めるようにします。
また急性の激痛が起きたときは、ベッドや布団は避けて、ひざの下に枕か座布団を入れると少し楽になります。
普通は2、3日で痛みは軽くなるようです。
>湿布
>温熱療法
>マッサージ療法
>けん引療法
>運動療法
>コルセット(装具療法)
>薬物療法
>神経ブロック療法
>手術療法
>もし家の外でようつうに襲われたら

●日常生活のポイント-腰痛対策
日常の何気ない動作や姿勢がようつうの原因となることが意外に多く、姿勢、体型、仕事などが原因となることがあります。
>朝の起きた時に注意!物を持つときの注意!家事をするときの注意!職場での注意!

太った身体はバランスが崩れるため、腰に大きな負担となり痛みをさらに悪化させる要因にもなります。しかし過度な運動は腰への負担が大きいためダイエットが難しくなります。腰への負担が少ないダイエット方法をご紹介いたします
体型別ダイエット|寒天おいしくダイエット|やせるヨーグルトダイエット|ウォーキングでダイエット|サイクリングでダイエット|全身浴でダイエット|低インシュリンダイエット|スペシャルストレッチ|3大サプリダイエット|シソでダイエット|オリーブオイルダイエット|低カロリーダイエット|足裏ダイエット|チョコレートダイエット|お酢と大豆でダイエット|杜仲茶ダイエット|おからダイエット